OL_sokuhou081
40代既婚です。

ひょんなことから、してしまったんです。

相手は自分のオフィスのOLでした。

時々、残業で遅くなると駅まで車で送っていましたが、その日は雨ということもあり、自宅まで送っていくことのしました。

車中では、会社の話がメインでしたが、OLの愚痴を聞くのも仕事でしたので、聞き役に徹していました。

話は給料のことになり、20歳のOLでは大して貰ってないことを知っていましたから、うまく話をあわせていたんです。

そして、つい、私は援助でもしてみたら?と冗談で言ってしまったんです。

セクハラと言いつつもまんざらでもないみたいなんです。

さらに、私となら、いいな・・とも言うんです。

もちろん、真に受けたつもりはなかったですが、ちょっとびっくりさせようとして、車をエッチホテルへ入れたんです。


びっくりするところか、私、はじめてなんですエッチホテルは、なんていうんですよ、もう、妻のことなんて飛んでしまいました。

車を降りるとそそくさとフロントを通り、部屋に入りました。

部屋に入るなり、抱きしめて、キスをしながら、脱がしていきました。

童顔な上、貧乳なので、20歳とは見えませんでしたが、あそこの毛はちゃんと生えそろっていました。


上半身は幼児体型ですが下半身は立派な大人の体でした。

シャワーを浴びたあとに、再開しました。

小さな胸はすごく感じやすく、声を上げて感じていました。

執拗なくらいにクンニをすると体を捩って感じているんです。

そろそろかなと思い、覆いかぶさり、あそこにあてがいました。

その時です、はじめてなのと言うんです。



私は今時の子が20歳で処女というのが信じられなくて、挿入を始めたんですが、なかなか入っていかないんです。

耳元で本当にバージンって聞くとうなずきました。

しかし、ここで止めるほどの良心なんてありません、私はなるべく痛みが少ないような格好をさせて、ゆっくりと挿入していきました。


痛みをこらえるかのように顔を歪ませて、私にしがみつきました。

処女膜を破っても、中はきつかったですが、なんとかいれることができました。

あまり動かないようにして、私も吐き出しました。

ことが終わると、シーツには確かに証がありました。


ホテルを出てからも、金の話をしませんでしたので、わたしはジャケットのポケットにそっとお金を入れて置きました。

やっと大人になったと、喜んで帰っていきました。

それ以来、給料日が近づくと、私に自宅まで送ってくれといい、ホテルで関係を続けています。


処女だったのに、今ではいっぱしの女性になって、色気さえも感じるようになってきました。

もちろん帰りにはポケットにお金をしのばせることも忘れていません。