OL_sokuhou074
聞いてください。

 
この間、会社で上司とHしちゃいました。



 
すっごく、、、きもちよかったです 
24歳のOLです。

 
2ヶ月くらい前から、会社の上司(39歳)とエッチする関係になりました。

 
それが、上司とのHがびっくりするくらい気持ちよくて・・・すっかりはまっちゃって。

会社でしたのは、先週の金曜です。

 
場所は・・・オフィスじゃなくて女子ロッカールーム。

 
私だけ残業することになっちゃって、遅くなって・・・ほかの女性社員はみんな帰っちゃって。

 
そしたら、彼からメールが来て。

 
「あとでロッカーのところに来て」って。

 
なんだろ?とおもって女子ロッカーまで行ったら、待ってた彼にロッカールームに押し込まれました
 

「制服姿みてたらやりたくなった」って。

だめ、ここはだめ、って言ったのですが、後ろから抱き締められて、首筋にキスされて、、、抵抗できなくなっちゃいました。

後ろから抱き締めたまま、ブラウスのボタンを急いで外されました。

 
ブラウスの下から手を入れて、ブラジャーのホックをはずされて・・・ 
おっぱいが露出して、その姿がロッカールームの姿見に映ってました。


 

そのまま乳首をこりこりして、その姿見見ながら、「エロいなぁ」なんて彼言うんです。

だめなことしてるのに、声我慢しながら、私はむちゃくちゃ濡れてました。



 

思わずときどき、「はぁ」とか「ぁんっ」とか、声が出ちゃって、そのたびに「だめだよ、声出しちゃ」とたしなめられました。

 
乳首こりこりされたりするだけで、もうだめ。



ってくらい気持ちよくて。

 
「乳首たちまくりだよ」なんて、言われなくてもわかってるのに・・・ 

彼が、腰から手をおろして、スカートをたくしあげて、私はあわてました。

 
だめっ。



て。

 
なんで、どうせ濡れてるんでしょ?って彼は言いながら、ストッキングと下着を一気におろして、私のあそこに手を持って行きました。

 
「うわ、なんだよこれ、びちょびちょだよ、大洪水」って。

笑われて。

 

私はもう、下着までぐっしょりになるくらい、濡れちゃっていました。


 
「一回いっちゃう?」っていわれて、そこから彼は私の敏感なところを、刺激しました。


 
彼が私のあそこをぴちゃぴちゃ言わせながらクリクリしました。

 
私の一番弱いパターンです。

 
もう、もう、だめ、って。



彼があわてて私の口を片手でふさぎました。

 
「ぁ、だめ、だめだめいっちゃうぅ・・・」って言いながら、あそこにはびくびくびくぅぅっと刺激が走って、私は頭がまっしろになりました。



 

「いっちゃったんだ・・・制服着たまんま(笑)」って笑う彼のあそこをみたら、もう、ズボン越しでも隠しきれないくらいおっきくなってました。

 
「そっちだって・・・」て、手を伸ばしました。

 
「そのかっこでしゃぶってもらっちゃおうかなぁ」っていいながら、彼はズボンをおろして下着もおろして、おっきなおちんちんを出しました。

 
信じられないくらいおっきくなってました。

反り返って。

 

ひざまずいて、私は制服姿でおっぱい出したまま、彼のおちんちんを口いっぱいにしゃぶりました。



 
ちゅぱ、ちゅぱ、って出し入れしてたら、「お前エロいよ、まじでやばいよこれ」って彼が言います。

 
「ちょっとこっちみて」っていうので見上げたら、「エロいよ・・・これ写メにとりたい」なんて言いながらニヤニヤしてます。

 

何回か思いっきり出し入れしてたら、彼が「やばい、もうだめ、入れるよ」といって私をまた後ろから抱きました。

 
スカートまたたくしあげて、お尻を突き出させて、そのまま、大きすぎる彼のが入ってきました。

 
初めて立ちバック・・・しかもむちゃくちゃエロいシチュエーションで、腰にずしん、と来るくらい、おなかいっぱいに入ってくるみたいで。

 

彼も、「すごい、いつもよりしまってるよ」って溜息みたいにつぶやきました。

 
「鏡みて、ほら、こんなカッコで犯されてるんだよ」って言いながら彼が腰を動かし始めます。

 
もう、動かされるたびにずん、ずん、ずんって。



 
もうだめ、だめ、声を我慢したくても限界に近付いてました。

 

腰をずんずんしながらおっぱいもつままれて、あぁっと声が出ちゃって。

 
もうだめ、我慢できないよぉって哀願しました。

 
彼が「今日は大丈夫な日?」と聞くのでうなずきました。

 
じゃあいっしょに行こう、っといって彼のが私のなかで一層激しく暴れて。

 
彼がまた口をふさぎながら、だめ、だめ、あ、もう、いっちゃうよぉ・・・って、私が言うのと同時に、彼のが私の中でどくどくどくって動いて・・・ 

終わったら、彼が「すごいところでやっちゃったなぁ(笑)」って笑ってました。

 
もう、思い出すたびにエッチな気持ちになっちゃうんです。

 

結構長くなっちゃいました。



 
お付き合いくださって、ありがとうございました。