17847olhsoku


沙織と圭介は、従業員が10人という小さな印刷会社に勤める同僚だった。

圭介は高校を卒業してこの印刷会社に就職、今年36歳になる。

妻子もちの男性であった。

一方の沙織は、この春、短大を卒業したばかりで、

この会社の事務員として働いていた。

 その夜、二人が勤めている会社を今年定年退職する男性がいて、

送別会が会社の近くにある飲み屋街で行われた。

 圭介と沙織は、普段からそんなに仲のいいほうではなかったが、

酒に弱い沙織が今夜は飲みすぎて酔っ払ってしまったため、

沙織と家が一番近い圭介が、沙織を送るはめになったのである。

日頃から真面目な圭介だ。

圭介が送り狼になるなどいう疑念は誰もいだかず、沙織を圭介にまかせた。

圭介と沙織以外の者は、二人に別れを告げると、そのまま次の店へと繰り出した。

圭介は、酔って足元をふらつかせている沙織を抱きかかえながら、

終電になんとか間に合うように駅へと急いだ。

少し歩きはじめたところで沙織が

「うっ、く、くるしい」としどろもどろながら言った。

「大丈夫か」と圭介は心配そうに聞く。

沙織は「だ、だめ、歩けない」と言ったかと思うと、

そのまま地面にへたりこんでしまった。

圭介はそれでも、なんとか沙織を抱き抱えると、

また駅に向かって歩き出した。

抱きかかえる圭介の腕に、

こぶりながら柔らかい胸の感触が伝わってきたが、

元来、生真面目な圭介の脳裏には、

まだいやらしい男の感情は芽生えていなかった。

そして、また少し歩くと沙織はさきほどのように地面にへたりこんだ。

圭介は(まいったな、これじゃ終電にまにあわない)と心でつぶやいた。

「おい、歩けそうにないのか」と圭介が沙織に聞いたが、

沙織は首を横にふるばかりだった。

終電に乗ることを諦めた圭介は、

沙織を少しの間その場で休ませると、

また沙織を抱きかかえて、

タクシーに乗るために駅に向かった。

駅の近くまで来ると、沙織が「オェーッ」と

いまにも吐き出しそうな嗚咽を口にした。

(こりゃ、だめだ)

圭介は沙織を公園にあるトイレの洗面所につれていこうと思った。

トイレの洗面台までくると沙織は、

その可愛い風貌からは想像もつかないような、

まるで獣の叫びのような嗚咽をはきながら、

胃の中の物を吐き出した。

そして、沙織の背中を介抱するようにさすっている圭介の手をふり払うと、

男子トイレに転がりこむようにして入り、

大便用の個室の中にくずれるようにしゃがみこんだ。

スカートが腰までまくれあがった。

裾がどこかにでもひっかかったのだろうか。

大きく開いた股。ピンク色のパンティー。

あそこの部分がこんもりと盛り上がっているのがわかった。

圭介は慌てて、沙織の元にかけより沙織の肩をゆすりながら、

「おいおい、大丈夫かよ、しっかりしろよ」と訊いた。

沙織は口をむにゃむにゃさせるばかりで返事をしなかった。

圭介は、今度は少し強めに揺すりながら先ほどと同じことを口にした。

沙織は、少しだけ目を開くと、

うつろな目を圭介に向けて、再び目を閉じた。

と思うと、いきなり上半身に身につけていた物を脱ぎだした。

圭介は、慌ててそれを止めようとしたが、

まるで子供がだだをこねているように、

沙織は服を脱ごうとしてきかなかった。

そうこうしているうちに、

脱ぎかけていた服が首のところまできた時に、

さゆりのブラジャーから右の乳房がこぼれた。

先ほどまで男の本性を一度もあらわすことのなかった圭介の心にも、

沙織の乳房がブラジャーからこぼれた瞬間に、

イヤラシイ男の本性が芽生えてきた。

圭介は少し緊張しながらニャリと笑うと、

沙織の好きなようにさせた。

沙織は服を脱ぎ捨てると、

ブラジャーから右の乳房をだしたままの格好で

ドタッっとトイレの壁に背中をつけてもたれかかり、

目をつむったまま下を向いてだまりこくってしまった。

圭介はそれを見て、

普段、誰にもみせたことのない不敵な笑みを浮かべた。

後ろをふりかえりトイレのドアを閉めて鍵をかけた。

最終電車が行ってしまったこの公園の周辺は静まりかえり、

近くを通る車の音だけがひびいていた。

圭介は念のためにもと思い、さおりの体を揺すってみた。

沙織は少し動いてみせるだけで、

それ以上の反応を見せようとはしなかった。

安心感が増した圭介は、

ブラジャーからこぼれている右の乳房を手の平で覆ってみた。

沙織の乳房は圭介の手の平にすっぽりと収まるほどであったが、

すごく柔らかく、圭介の手には、

まだ若い沙織の肌のきめこまやかさまで伝わってきた。

圭介は沙織のブラジャーの肩紐を腰までを下げた。

とてもスタイルのいい沙織の胸に今度は二つの乳房が現れた。

圭介はそれを目でそれを楽しんでから、再び沙織の胸に手をやると、

今度は親指と人差し指で、軽く乳房をつまんでみた。

すると、「う、うっ」と言いながら、沙織の体が動いた。

圭介はドキッとして、すぐに沙織から手を離したが、

沙織には何もわかっていない様子だったので、

再び乳首をいじりはじめた。

(久しぶりにこんな乳首にふれたぁ)と圭介はつぶやいた。

圭介は生真面目な性格なせいもあり、

結婚をしてから一度も、妻以外の女性の体にふれたことがなかった。

圭介はそんなことを思いながら、視線を沙織の腰の下に移した。

圭介の目にピンクをしたパンティーのこんもりした部分が写った。

圭介は右手で沙織の乳首をいじりながら、

左手をそっとそのふくらみにあてた。

圭介の左手に布地越しにもわもわした恥毛の感触が伝わってきた。

圭介は思わず、パンティーの中に手をすべりこませた。

その柔らかい恥毛の感触とともに、

今度は沙織の人肌の温かさも同じに伝わってきた。

それは、自分の妻のものとは違う柔らかさであり、温かさだった。

そうしている間も沙織は体を何度も動かしたが、

圭介はもう動ずることはなかった。

毛の感触を楽しむと圭介は、

人差し指で沙織のあそこの割れ目をなぞった。

クリトリス、ニョウ道、

そして、穴の部分へと指を移動させていった。

たまらなくなった圭介は、パンティーから手を抜くと、

沙織を抱きかかえて腰だけ浮かせて、下着を膝のまでさげた。

そして、片方の足を持ちあげてパンティーから足を抜いた。

沙織の大切な部分を覆っていたそれは小さく丸まり、

もう片方の足の膝にくるりと下を向いてぶらさがった。

圭介は沙織の足を広げ、丸見えになったあそこを見つめた。

沙織の恥部はあまり使いこんでいないのか、

割れ目もそれほど開いておらず、

割れ目の一番上についているクリトリスが

半分だけ皮をむいて顔をだしていた。

圭介はなんのためらいもなく、沙織のあそこに顔を近づけていった。

すると、圭介の鼻に、公衆便所独特の匂いに混じって、

少し汗臭いような匂いがしてきた。

その匂いは圭介の鼻が局部に近づくほど強くなった。

圭介の鼻が完全に性器に密着した時には、

汗臭さとともに、生臭いようなものも混じっていた。

その匂いは圭介の全身を震わすと同時に、

久しぶりに嗅いだ新鮮なものようにも感じた。

圭介は顔を少し上にずらすと、クリトリスに舌を這わせた。

そして、その舌はニョウ道をこねあげて、穴のほうへと向かった。

舌の動くたびに沙織の体も揺れていた。

やがて、沙織の体は、股間に顔をうずめている圭介の体にもたれかかった。

しかし、圭介は沙織の股間から顔を離そうとはしなかった。

圭介のちょうど首筋に沙織の顔がぺったりと引っ付いて、

沙織の半開きになった口から、唾液が糸を引いて、

圭介の首に流れおちてきたが圭介はなんとも思わなかった。

それどころか、その温かい唾液が圭介の心を益々燃え上がらせた。

圭介は、丹念に穴の周りを舐めたり、

クリトリスを舌で転がしたりしていくうちに

沙織のあそこはねとねとするぐらいに濡れてきた。

(やっぱり、意識がなくても感じるものなのか)

圭介はそう思いながら、さらに舐めつづけた。

やがて、我慢できなくなった圭介は、

沙織の股間から顔を離して立ち上がると、

ズボンとパンツを一辺にずりおろして、

沙織を抱きかかえて立ち上がらせ、

股をひろげて自分の物を一気に沙織のあそこに差し込んだ。

沙織のあそこは、なんのためらいもなく、圭介のそれを受け入れた。

圭介の一物は、沙織の中で、なんとも言いようのない、

まるで一物にまとわりついてくるような感触につつまれた。

圭介は思わず腰を上下にふった。

すると沙織は、「あん、あん」と小さく、甘い吐息をはきはじめた。

その効果が効きすぎて、圭介は沙織の中であっという間に果ててしまった。

一物を引きぬくと、急に後悔の念が頭をよぎり、

急いでズボンをあげて履きなおすと、

トイレットペーパーをひきちぎり、

沙織のあそこから流れる自分のだした白濁をふき取った。

沙織をもとの格好にもどすと、

抱きかかえながら駅のタクシー乗り場へと急いだ。

翌日、沙織は会社へは出てこなかった。

圭介は、まさか自分のしたことがばれるはずがない、

と思いながらも不安な一日を過ごした。

しかし、その次の日になって、沙織は何食わぬ顔をして会社にでてくると、

圭介に笑顔で、送り届けてもらってことの礼を述べた。

圭介は冷や汗をかきながらも、笑顔で沙織と話しをした。

それから数ヶ月後、

沙織は付き合っていた彼氏との間に子供ができたので結婚することになり、

会社に退職を申し出た。

沙織の送別会の夜、酔った男性社員が沙織に向かって、

「ちゃんと、避妊をしてなかったのかよ」

と冗談を言うと、

「いつも、ゴムつけてたんだけどな」

と沙織は笑って応えた。